基本方針

トップ>学会誌>基本方針

日本テスト学会誌の編集出版に関する基本方針

2003年10月4日

2007年8月30日改定

日本テスト学会(The Japan Association for Research on Testing)は、定期的に出版する日本テスト学会誌に依頼論文および査読を経た原著論文を掲載する。

学会誌編集出版の基本方針は編集出版委員会により提案され、理事会で2003年10月4日に承認され、2007年8月30日に改定された。以下、その概要を紹介する。

  1. 日本テスト学会誌の出版は、年1回とするが、出版希望の論文数が増えれば、適宜、号数を増やすことも可とする。
  2. 査読つき原著論文の採否決定手続は日本テスト学会誌投稿規定に定めるものとする。
  3. 査読過程を経て、採択された投稿原稿は日本テスト学会誌に掲載される。出版時期は、当面の間、原則として当該年度内とする。
  4. 論文本体の言語は日本語、または、英語とする。
  5. 著作権、投稿資格、投稿方法などについての詳細は、日本テスト学会誌投稿規定に定めるものとする。
  6. 査読の基準、手順などについての詳細は、日本テスト学会誌査読規定に定めるものとする。
  7. 投稿原稿の書式などについての詳細は、日本テスト学会誌論文等執筆要項に定めるものとする。
  8. 日本テスト学会誌に掲載する論文の和文要旨および英文アブストラクトは、ホームページに掲載して一般に公開するものとする。
  9. Web版日本テスト学会誌に関わる規定は廃止しないが、失効させるものとする。