◆ 新着情報


◆ 大会実行委員長あいさつ

 このたび,日本テスト学会第3回大会を早稲田大学,特に人間科学部を中心としてお引き受けすることになりました.早稲田大学人間科学部は,大学の方針で大学院と学部の機能を一体化し,人間科学学術院と総称することになりました.内部組織に,人間科学総合研究センターを含みますので,人間科学学術院は全部で3機関から構成されていることになります.人間科学部の設立は1987年ですから,まだ,設立後20年を経ていない若い学部です.しかしながら,2003年に大規模な学部改組を行い,人間科学部とスポーツ科学部の2学部体制になり,「新生」人間科学部は人間環境科学科,健康福祉科学科,人間情報科学科の3学科から構成されています.どの学科にも心理学,教育学等の研究を旨とする研究者が散在しています.中でも人間情報科学科は,教育工学をメジャーとする研究者が多いことで特徴付けられています.
 早稲田大学全体として日本テスト学会と関係を持つ研究者は数多くおりますが,特に,歴史の新しい人間情報科学科に属している教育工学の研究者たちは,eスクール(人間科学部通信教育課程)を運用するエンジンの役割ももっており,実効性のあるe-learningを目指して質・量ともに高度に発展させるため,日夜研究・実践を精力的に行っております.私たちにとって,これからの重要な課題であるCBT(Computer Based Testing)の導入など,新しいテスト理論を学ぶ良いチャンスが,今回の第3回大会をお引き受けすることによって与えられたと考えております.日本テスト学会の今後の展開に一石を投じることのできる,記念すべき大会にならんことを願って,微力ながら努力をさせていただきたいと考えております.会員の方々をはじめ「テスト」に関わる問題に関心のある方々のご参加を心よりお待ち申し上げております.

日本テスト学会第3回大会
実行委員長 野嶋栄一郎(早稲田大学 人間科学部)


◆ 会場

  期日:2005年8月18日(木)・19日(金)
  会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 8号館教室
      〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1 8号館(地図のG)


◆ 大会日程

  基調講演,シンポジウム(2件),企画セッション,一般セッション,展示を行います.詳細はこちらをご覧下さい.

□■□ 基調講演 □■□

『e-learningの高度化とテスト理論 −eスクールの実践と測定にかかわる課題−』
野嶋栄一郎(早稲田大学 人間科学学術院 学術院長・教授)
(日本テスト学会第3回大会 実行委員長)

 

 □■□ シンポジウム【無料!一般公開!】 □■□

 <シンポジウム1>『心理テストの効用をめぐって −21世紀を展望する−』

オーガナイザ:柳井晴夫(大学入試センター)

     <シンポジウム2>『e-Learningの高度化とテスト理論 −両者をつなぐeテスティングを考える−』

オーガナイザ:永岡慶三(早稲田大学)

 

□■□ 企画セッション □■□

『日本版テストスタンダードの提案』
企画者:繁桝 算男(東京大学)

 

□■□ 一般セッション □■□

30件をこえる一般セッションでの発表(一般研究発表)をお申し込みをいただきました.有難うございました.

<一般研究発表の発表形式>
  ・発表形式は口頭発表によります.発表時間は質疑応答5分間を含む20分間の予定です.
  ・発表のための資料として,抄録集以外に補足資料を利用されるときは,配布用プリント約50部を用意して下さい.
  ・発表には液晶プロジェクターが利用可能です.その他の発表用機器の使用を希望される場合は抄録原稿送付時に大会実行委員会事務局までご相談下さい.


□■□ 企業展示 □■□

会場での展示・論文抄録集への広告掲載のお申込は随時受け付けております.是非,会場展示・広告掲載をご検討ください.詳細に関しましては大会事務局まで電子メールで直接お問い合わせください.


◆ 大会プログラム

ここからダウンロードできます!

※ 最新版です!(8月12日)


◆ 問い合わせ先

   日本テスト学会第3回大会事務局

   〒359-1192 埼玉県所沢市三ヶ島2-579-15

         早稲田大学 人間科学学術院 人間情報科学科 松居辰則研究室内

         電話&FAX:04-2947-6924


最終更新日:2005年8月1日